アルソックの防犯システムの特徴

アルソックの防犯システムは具体的にどのように効果を発揮するのでしょうか?

 

今回は実際に防犯システムがどのように機能するかを特集しました。

 

センサーが取り付けられている場合

様々な形のセンサーで家の中を警備します。その主要なものは「開閉センサー」と呼ばれるドアに取り付けられたセンサーです。これはどんな方法にせよ警備が施されている状態で家のドアが開いたら警報が発せられ、すぐにアルソックへ連絡が行きます。サムターン回しなど様々な鍵解除技術を泥棒が持っていてもドアが開けばアウトなのであればあきらめるでしょう。

 

中にはドアではなく窓から入ってくるパターンがあります。よってアルソックでは防犯ガラスを使った割れにくいガラスを用意しています。

 

たとえ進入できたとしても今度家の中で待ち受けているのは「空間センサー」です。これは体温の変化を感じ取り反応するセンサーでどんなに上手に進入しても体温を消すことはできないので、やはり通報がいき御用となります。

 

防犯カメラが取り付けられている場合

この場合は先ほどの犯人への威嚇がより早く行なえることに加えて犯人の証拠データが残せます。

 

ひと昔前は映像がカメラ内のハードディスクやメモリカードに保存されていましたが、今ではインタネット回線によってセキュリティ会社で随時で録画されるので犯人は証拠を隠滅することができません。

 

カメラは庭などの屋外を映し出し、その映像は異常発生と共にすぐにアルソックのガードセンターに映し出されます。

 

すぐに声にて威嚇します。
「そこの二人組み。すぐに犯行をやめろ」

 

人数までしっかりばれていて犯行者は手の出しようがありません。証拠は残るし、家に入られる前に犯行を防ぐことができるので防犯カメラの防犯能力は抜群です。

アルソックは防犯のプロ

アルソックの申込